事業計画書って?

事業計画書という言葉はどなたも聞いたことがあると思います。しかし、実際に作成したことのある方は少ないというのが現状です。事業計画書を作成することで「ビジネスチャンスの発見」「ビジネス展開の方向性」を定めることができるメリットのある武器になります。

第一段階の事業計画書

第一段階では「ビジネスの全体像・魅力」を説明できるかどうかです。ビジネスのスタートから結果というゴールをどのように考えているか、主力商品の魅力を伝えることができるかどうかです。伝えることのできる事業計画書が完成すれば「ビジネスの紹介」「融資の申し込み」に対して有効的なものとなります。

第二段階の事業計画書

第二段階では「売上計画」「利益計画」をより深く掘り下げていく事業計画書の作成になります。具体的にどのようなことか?売上計画ではマーケティング調査を行い、営業戦略を作ることです。また、顧客に儲かるビジネスだと判断してもらうために利益計画をしっかり作りこむことです。この事業計画書で大きく判断するのが事業の発展です。
「損益分岐点の明確化」「補助金・助成金の活用」「金融機関からの融資」特に追加融資を受けるときには、

  1. 売上が確実にあるか
  2. 返済能力はあるか
  3. 経営者のビジョンがあるか

の項目が事業計画書で判断されます。

第三段階の事業計画書

第三段階では、経営者のビジョン・思いを事業計画書に反映させることです。ビジネスの将来性を見せることで事業規模は拡大するためには「人・物・金」が重要となります。一般的に経営資源といわれているものです。この経営資源を「損益計算書」「資金繰表」に数値化することでより「将来性のあるものか」「実行できるのか」「利益が出るのか」のポイントが明確化されます。
また、明確化されることで新規事業の立ち上げの判断など株式公開準備など「方針・戦略・計画」を立てることも容易となってきます。

税理士コミュニティが支援

ぜひ事業計画書を作成してみたいが難しい!誰かの手助けが欲しい!という経営者の方お気軽に私たちまでご相談ください。5人の税理士がタッグを組んでいます。経営者のお力になることは間違いありません。

お気軽にお問い合わせください。0120-991-710受付時間 平日10:00〜18:00

メールフォームはこちら 相談・見積り無料!!